どこへ売っても同じ?

 ⟩⟩ ⟩⟩ ⟩⟩

電動工具 グラインダー・サンダー・ポリッシャー 日立(HITACHI) FG10SS2

買取上限参考価格:¥2,000
メーカー・ブランド名:日立
型 番:FG10SS2
価格更新日:2017年7月27日
※電動工具 グラインダー・サンダー・ポリッシャー 日立(HITACHI) FG10SS2買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

製品名:電動ディスクグラインダー
製品モデル:FG10SS2
●軽量・コンパクト
多面的なの●1
●用途:金属塗装の皮(キャンドル型の複数のフィンディスク(別売)を使用している)、木材研削加工(キャンドル型の複数の翼サンダー(別売)使用する木材)、具体的なスコアリング(別売ダイヤモンドカッターズ・ガイドベースは、()が使用されています)金属パイプ切断(ホイールを切断し、別々に販売されている車輪ガードガイド()のベースには車輪の切断が使用されています)
●取り外し、本体のグリップレベルアップしやすさ
●軽量1.4キロ
●長さ:254ミリメートル
●周長197ミリメートル
●ホイール寸法(標準品)(厚み径×外径×):100×4×15ミリメートル
●電源:単相100V
●電流:6.2A
●消費電力:600W
●最大出力:730W
●無負荷速度:12000min -1
●重量:1.4キロ(除くコード)
●コード:2心・1.8メートル
●標準付属品:100ミリメートルRejinoidotoishi(A36Q)、スパナ、サイドハンドル

型番で買取上限価格を検索今すぐWeb査定をする電話で買取価格を調べる
【ご注意ください】

●ご利用前に必ず「買取についてのご注意」をご確認ください。
●表示金額は目安であり、買取代金を保証するものではありません。
●買取代金は商品状態など査定の結果で決定されます。
●商品の古さ・人気度・使い勝手によって金額が変動する可能性がございます。
●現物を拝見のうえ査定させていただきます。
●買取金額についての詳細は総合案内詳しくはこちらへ0120-56-0609
●ご利用前に必ず「買取についてのご注意」をご確認ください。
●買取上限金額が1万円未満の場合 は店頭買取のみとなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    LINEで送る
    Pocket

関連商品

  1. インパクトドライバー・レンチ マキタ(Makita) TD149DZB [黒]

    インパクトドライバー・レンチ マキタ(Makita) TD149DZB [黒]買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

  2. 電動工具 電動丸ノコ RYOBI W-663EDM

    電動工具 電動丸ノコ RYOBI W-663EDM買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

  3. TRUSCO ドリルソケット焼入研磨品 ロング MT3XMT4 首下150mm TDCL34150

    TRUSCO ドリルソケット焼入研磨品 ロング MT3XMT4 首下150mm TDCL34150 買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

  4. インパクトドライバー・レンチ 日立(HITACHI) WH18DDL (2LLCK)(B) [ストロングブラック]

    インパクトドライバー・レンチ 日立(HITACHI) WH18DDL (2LLCK)(B) [ストロングブラック]買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

  5. 電動工具 チェーンソー マキタ(Makita) MUC352DRM2

    電動工具 チェーンソー マキタ(Makita) MUC352DRM2買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

  6. 電動工具 電動ハンマ・振動ドリル マキタ(Makita) HR4013C

    電動工具 電動ハンマ・振動ドリル マキタ(Makita) HR4013C買い取り上限価格は、商品発売時の仕様・外観・機能を100%維持している場合を意味しております。

型番で買取上限価格を検索今すぐWeb査定をする電話で買取価格を調べる
 

はじめての方

買取上限参考価格検索の流れ

店舗のご案内

出張買取
宅配買取

エアコン・クーラー買取

ウォシュレット買取 ソーラーパネル高額買取専門 給湯器買取 水栓金具買取

ご購入はコチラ

amazon ヤフオク 買取ポータル

新着買取上限金額一覧

ページ上部へ戻る