ブログ

「LINK OF LIFE エイジングは未来だ展」に TOTO協力作品「あらい流そう!」を出展

TOTO株式会社は、株式会社資生堂が主催する「LINK OF LIFE エイジングは未来だ展」の協力企業として、資生堂および電通ダイバーシティ・ラボとともに、トイレを通してLGBT(※1)への理解を促す「あらい流そう!」を出展します。同作品は、第1会場(資生堂銀座ビル 花椿ホール、会期:2016年10月28日[金]~11月3日[木])でご覧いただけます。

資生堂によるデザインの新しい試みである「LINK OF LIFE」は、サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アートをデザインがつなぐ壮大な美の大実験室であり、活動に賛同する研究者、デザイナー、アーティスト、企業や団体が互いの境界を飛び越え、つながり、今までにない発想や価値創造を共同でおこなう展覧会です。2015年につづき第2回目となる今回は、21作品の展示が予定されています。

資生堂、電通ダイバーシティ・ラボ、TOTOが協力出展する「あらい流そう!」は、多様性のある未来の美しい生活文化を見据え、トイレを通してLGBTへの理解促進を図る作品です。

電通ダイバーシティ・ラボの調査(※2)によると、日本人全体の7.6%(約13人に1人)がLGBT。一方、人間にとって欠かせない排泄行為の場であるトイレは、LGBTの方々にとって悩みの多い場でもあります。自分のセクシャリティに悩みを持つ方にとって、トイレは毎回性別を問われるといった精神的苦痛を伴う場所になり得るのです。

LGBTの方々は、どのような思いで普段の生活をし、外出先のトイレで、どのような戸惑いを感じているのか……。「あらい流そう!」のトイレに座ってご覧いただけるLGBTの方々へのインタヴューを通して、性の多様なありように思いをめぐらせていただければ幸いです。


※1: LGBTとは、【L】レズビアン(女性同性愛者)/【G】ゲイ(男性同性愛者)/【B】バイセクシュアル(両性愛者)/【T】トランスジェンダー(性別越境者)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつ。なお、LGBTの当事者ではないが、LGBTを身近な存在として理解し、支援する人は「アライ(Ally)」と呼ばれる
※2: 電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」
SOURCE: toto
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    LINEで送る
    Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る